FC2ブログ
 
redmoonが出逢った調教希望のM女の話
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は部屋に戻り散々広げたグッズを片付け始めた。
庭の芝生に残った杭などをまとめていた。

するとミカは全裸のまま素足で庭に来て一緒に片付け始めた。
私は片付けながら、
「なんだ、服は着ないのか?」
ミカは花火の後片付けをしていた。
「もう少しこのままで・・」

部屋の滑車を外すなどだいたいの荷物をまとめ私は洗面所でひげをそり始めた。
ミカは再び風呂場で身体を流して身体を拭いていた。

洗面所の鏡越しにミカの姿が見えた。
そしてミカは私の背後から私に抱きついてきた。
しばらくそのままでいた。

「おい、剃れないぞ」
「それとも、カミソリないんだろうから脇を剃ってやろうか?」
私が意地悪に言った。
ミカは私の背中をドンと押し部屋に戻った。

ひげを剃り終わり部屋に戻るとミカは昨日会った時と同じ服装をしていた。

私も服を着て、荷物をすべて車のトランクに積み込んだ。
ミカは全部屋のチェックをした。

玄関で靴を履き、部屋を見回した。

「いろんなことをしたな」
「いろんなことされちゃいました」

互いに笑いながら玄関を出て電子ロックをかけた。

車までの数メートル、ミカは腕を組んできた。

「腹減ったな」

「朝食まだですもんね」

「そういえば、昨日からろくなもん食ってないな」

「ですね」

「よし!ちょっと豪勢なもん食いに行くか!」


イメージです





ミカは組んでいた腕を少し強く引き寄せた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bluemoonredmoon.blog107.fc2.com/tb.php/112-b948f78a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。