FC2ブログ
 
redmoonが出逢った調教希望のM女の話
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日未明・・すでに日付はとっくにかわっていた。
浜名湖を過ぎた頃には辺りはすでに明るくなってきていた。
前日夜遅くまで仕事をしていたとはいえ、さすがに徹夜は身体にこたえた。
降りる直前のSAで30分ほど仮眠をとり、一気に名古屋駅に向かった。


中心街に近づくと人通りも多くなってきた。
明るい日差しの中・・
徹夜明けに出勤するサラリーマンの流れを逆行する時と似た罪悪感を感じた。
今から自分がしようとすることを。

待ち合わせ場所といっても土地勘のない私は、有名ブランドショップの前を指定する。
ほどなく女性から車の場所の確認の電話がくる。
見渡すと、見覚えのある女性が携帯を片手に辺りを見回している。
この女性とは、以前一度この地で会ったことがある。
その時とは随分雰囲気が変わった。






10ヶ月ほど前・・
長い黒髪に黒く綺麗な瞳。
今ではこういう言い方をしないのだろうが、ホットパンツからすらりと伸びる脚が印象的だった。
黒を基調としたその女性と私は朝までファミレスで話をした。
その綺麗な脚を縛りたいという欲求を抑えながら。
身体はもちろん手も一切触れずにその日は帰った。

そして今、その女性を縛りに再びこの地に来た。
私の車に向かって歩いてくるその女性は、
髪は金髪になりメイクや服装も完全に今時の20歳の女の子であった。
後に私の手でボロボロになるために・・

そして・・

彼女もそれを望んでいる・・

彼女の名前はあさみ。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
素敵な思い出があるのは羨ましいことですよ。
2008/04/28(月) 15:14 | URL | nishi #-[ 編集]
そうですね、素敵な思い出になるように・・
2008/04/29(火) 15:25 | URL | redmoon #Z6Y2eIvk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bluemoonredmoon.blog107.fc2.com/tb.php/134-bf2041c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。